2006年11月03日

シンタード? レジン?

ノーマルこそ最強!!

はい。 確かにその通りだと思います。
メーカーの根性の完成度ですからね。

特に、スポーツ的なバイクほどノーマルの方が速い気がします。


で・も
メーカーでは絶対に敵わない部品
それは、
ブレーキパッド
だと思います。

ノーマル派の皆さんもコレばかりは変えているのではないでしょうか?
中には、ブレーキパッドなんかは変えるのが当たり前すぎて、カスタムに入らないなんて人もいるのでは?


今回は、ブレーキパッドに関するお話です。

注意:分かりやすさを優先しているため、説明を省いたり曲解している部分がありますが気になさらずに
(本気でブレーキを語ったら辞書のように隙間無く文字で埋まります)





「むう・・・ この前変えたばかりのブレーキパッドを使い切ってしまった・・・ 金がOTZ 」

「この前と言っても、何気に1万キロ超えているんですよね。 ご主人様の乗り方で1万持てばかなりすごいのでは? 」

「前回は、Lockheed のロードスポーツだったな。 今回選んだパッドはこれだ 」




b59b18aa.jpg



ベスラ・シンタードメタルですね。 高性能パッドの定番です
パッケージは安っぽいですが 」



「シンタードはよく効くと言われるが、そもそもシンタードって何? 」



「はい。 ブレーキパッドには大きく分けて
シンタード
レジン

と言う二種類があります 」



「このベスラはシンタードってわけだな。 
でも、ロッキードはセミメタルって書いてあるぞ? たしか、リアに入れた赤パッドもセミメタルだったな 」
 


セミメタルはレジンの中のジャンル分けです 
馬鹿にも、微笑ましいバカと、本当に馬鹿がいるみたいな物です
 」



「・・・・・・・あ? 」


「ででは、まずレジンの説明からです。
高強度繊維などをフェノール樹脂で固めたパッドがそれに当たります 
レジンっていうのは樹脂という意味なんですね 」



「・・・・・・そんな軟らかい物でブレーキ効くのかね? 」


「通常使用ならまったく問題ありません。 
ただ、
雨に非常~~に弱いのですよ・・・ 」



「まあ、樹脂なんかじゃ滑りそうだしな 」


樹脂で固める・・・ということから分かるように、
顕微鏡視野で見てもパッド面の隙間がすべて樹脂で埋まっているのです 
排水性最悪ですよ~^^;;  」



「そんなのじゃあ、売り物にならんだろう。 何か対策がしてあるんだな? 」


「はい。 そこで、パッドの中に真鍮・銅・スチール・セラミックなどの硬質素材を入れるわけです。
この成分が結果的にローターを痛めるのです 」



「たしかになあ・・・。 金属で引っ掻いて摩擦を得ているわけだからな 」


「この金属成分が30%を超えて含まれているのもを
セミメタリック
と呼ぶわけです
 」



「ふむ。 んじゃあ、セミメタリックはローター攻撃性が高いのだな 」


「昔はそうでしたが、今はメーカーが命をかけて研究しているのでそうとは限りません。

では、次はシンタードの説明です
シンタードは言うなれば・・・ほぼ100%金属です
レジン風味に言うとフルメタリック
ですね 」





「確かに効きそうだが・・・そんなのでよくパッドの形が保てるな 」


「秘密は製造法です。
鬼の様なプレスで圧力を加えながら、地獄の様な熱を加えるのです 
どんなにヤンチャな成分でもブルって固まります 」



根性焼きみたいなものか 」


「はい。 その通りです。 その製造法の名を
シンタード(焼結)
と言うのです 」



「だが、固形物を固めている以上、隙間は出来るだろうに 」


「その隙間が、良い方に転がるのです。 
レジンは隙間が無く、排水性が悪いって言いましたよね? 」



「なるほど。 
その隙間に水が入って接触面の排水をしているわけだな  」



「その通り! 
ただでさえ金属な上に、排水良しと来ているので 
雨の日だろうが問答無用で効きます
 」



「良い事尽くめだな。 でもフルメタリック・・・
ローター攻撃性が高いだろう? 」



「それがですね。
意外に攻撃性が低いのです

こちらをご覧に。 
ベスラ装着後、20km走行後のローターです





4fbf9ff4.jpg



「ふむ。 ローターが平らではないな 」


見るべき場所が違います(-.-;)
ローターの色が違うのが分かりますか?

内側はベスラの後。 外側はロッキードの後です。 」


「ああ。 ピカピカに輝いているな 」


「これは、
ディスクを保護するための保護膜なのです
保護剤の種類はメーカーによってまちまちですが、その種類によって
青く見えたり黒く見えたりします
ベスラは青系でしょうかね? 見る角度によってシャボンダマの表面みたいで綺麗ですよ♪ 」



「なるほど。 大排気量車のディスクが焼けた色に見えるのは、この保護膜だったのだな 」


「大排気量車は純正でシンタードが入っていることが多いですからね。
たまに本気でディスクを焼いている馬鹿者がいますが
サーキットでやって下さい 」









昔、
本気でKSRのディスク焼いたことがあります。

あの時はやばかった・・・
フェードに気付いてないって事が

もともとフロントが効かないKSR。 リアロックでコーナー進入が当たり前だった・・・

しかもオイルはDOT3、ノーマルパッド、そもそもオイル容量が無いKSR
まあ、よくご無事で。 無知はすばらしい。
あの時はディスクが青黒くて綺麗だな位にしか思ってなかった。
ディスクが無事でよかったよ。




さて、次回は
レジンとシンタードの長所、短所です










at 07:00コメント(3)トラックバック(1) 
豆知識 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. はじめまして  [ ミホ ]   2006年11月03日 08:28
いつも拝見させてもらってます☆ぜひ、見にきてくださいな~☆

コメント一覧

1. Posted by eaboawe1   2006年11月06日 22:57
こんばんわ。
いつも楽しく拝見してます。
ヤフオクで40000円でEXTECの湾岸スペシャルを手に入れました・・・

自分で交換の方法がわからないのでできたら
記事として教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします!
2. Posted by ばちぇら   2006年11月07日 06:19
タイミングがいいと言うかなんと言うか・・・
この前、マフラーステーを作り直したばかりですw
とりあえず今週末にでも作業しますわ~
さ~ってと。 倉庫にしまったノーマルマフラー発掘しなくてはw
3. Posted by eaboawe1   2006年11月07日 12:58
おおそうでしたかw
ある意味奇跡ですなヽ(´ー`)ノ
では楽しみしてます。週末まで授業がダルイですが・・・
来週は試験だし・・・ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード